「フリーマムランドリーソーダ」開発から販売までの道

主婦歴20年 4人の子供の母 ~毎日の洗濯に苦心

   
 
約18年間、溶けにくく手間のかかる「天然粉石けん」で毎日洗濯。独特のニオイが家族からは不評。
 
 
全自動洗濯機に変えたのを機に
手軽な「合成洗剤」を使い始めた。
 
  数ヶ月後、当時小学4年生の双子の息子達にアトピーのような湿疹ができた。合成洗剤が原因と思い粉石けんに戻すと、1週間位で湿疹が治まった。  

粉石けんは溶けにくく、黄ばみや臭い、洗濯槽のカビに悩まされるが、合成洗剤は体に悪いので使いたくない。
しかし市販されている洗濯洗剤のほとんどが合成洗剤で、わずかに粉石けんが売られているだけで選択肢はない。

他にないのなら、納得のいく洗剤をつくるしかない ~試行錯誤の日々

   
 
しばらく使うと次第に黒ずんで落胆したが、あきらめなかった。
 
アルカリ度が高く、繊維が
 傷みやすいことが問題に…。
 
過炭酸塩(酸素系漂白剤)を配合することで問題が解決し商品化へ。  
フリーマムランドリーソーダ(スッキリタイプ)過炭酸塩配合&フリーマムランドリーソーダ(フンワリタイプ)純石けん10%配合